アクセスカウンター



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

motophenix1993

Author:motophenix1993
ニックネーム モトフェニ店主
性別 ♂
年齢 満54才
都道府県 大阪府茨木市
誕生日 1965/08/03
職業 オートバイ販売・修理
趣味 ドライブ



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別アーカイブ



アクセス解析



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



◆真冬の四国ツーリング その2◆
四国ツーリング2日め。朝は6時半に起床。


朝風呂入って7時過ぎから1階レストランで朝メシ食って。


写真では盛りがお粗末ですが結構豪勢な朝ごはんビュッフェでございました。

店主珍しく朝から自家製プリンまでいただきましたから(笑)満足満足


7階のお部屋からの眺め。高知市って路面電車走ってますねんね。

今日もそこそこのお天気となりそうです

8時にホテル出発 

本日目指しますのは思い出の大歩危小歩危&祖谷のかずら橋&祖谷渓の小便小僧像。

約30年前に結婚前に奥様と2ケツでツーリングに来たところ。

ちなみにバイクは奥様のVT250FEだったんですが、

当時はまだ明石海峡大橋はなく高速道路も2人乗り不可でしたので

大鳴門橋を渡るのに大変難儀した思い出があります


アルバムひっくり返しましたら大歩危駅の入場券が出てまいりました(笑)

昭和62年(1987年)の11/2ですって(笑)文化の日で3連休やったんでしょうね。


◆32年前昭和62年の大歩危駅 カッパ着てるんで天気悪かったのね◆

R32で山の中を北上。どんより曇って寒いし、路面も湿っています。

9時半にJR土讃線大歩危駅に到着。なかなか雰囲気のある駅舎でしたが



看板のJRって文字がしらけてしまいます(笑)看板は新しいのね。

でも30年前、平成の頭ってことは当時ももう国鉄民営化してたんかな

んだらそこそこ古い看板ですな。

(これもネットで調べましたら国鉄民営化が62年の4/1だそうですのですでにJRやったみたい(笑))

小歩危はR32をそのまま北上せんとあかんかったようですので今回は諦めておきました。

その後かずら橋も行きましたが朝の早くから外国人観光客の方々が

写真撮りまくってはりましたのでここもスルー。昔すでに渡っておりますのでOKです(笑)

さてここからが険道、酷道マニアの本領発揮でございます(笑)

昔泊まった一軒宿、ホテル祖谷温泉。ケーブルカーで露天風呂まで下りる温泉宿ね。

写真は撮りませんでしたが懐かしいなー。昔はここしか宿はなかったと思うのですが。

道中の険道32号は相変わらず30年前のまんま

奈良のR168はもうきれいになって走りやすくなってしまってますが

ここはとんでもない。当時のまんまです。道細いしクネクネ。路面もガタガタです。


ガードレールはあるものの左側はすんごい崖(笑)落ちたら確実にアウトです


この深い々渓谷が無用な開発を防いでいるんでしょうねー。

そこから少し走るとやってまいりました小便小僧像(笑)



◆ナイスshot(笑)◆

よくもまぁ30年前に2人乗りでこんな道を走ったものです。あー楽しかった。

ここぞ日本の原風景だと思われますいつまでも残って欲しいなぁ。

その後は瀬戸内の香川県高松市を目指して北上。

念願の本場讃岐うどんを食したい。のですがセルフのお店が多いですね。

システムが良くわからないので恥かきそうでよう入りません(笑)

なかなか入れず躊躇しておりましたらちょーど入りやすい場所にセルフじゃないおうどん屋さん発見。


◆こだわり手打ちうどん山 さん◆

きつねうどんがおすすめって書いてたのでそれのセットものを一玉で(。・ω・)ノ゙


◆大きなお揚げさんだけでもお腹一杯になりそうです◆

竹輪とイカの天ぷらと鶏のかやくご飯付きで600なんぼやったと思います(忘れた)。安いよね。


おうどんは結構太めでやっぱりしっかりしております。

びっくりしたのはそのツルツル具合喉越しっていうのん

舌触りが気持ちええくらいツルツルでございました。美味っ美味しかった。

初めての本場讃岐うどんを堪能させていただきましたよ。

店主さんも愛想よく気持ちよかったです(笑)また行きたいと思います。

食べ終わった時点で13時。その後はとりあえずは帰るだけ。

R11でひたすら東進して鳴門市を目指し

大鳴門橋だけは渡ってわざわざひとつめの出口で降り~ので

せっかくですのでサンセットラインで淡路島の景色も楽しんで帰ります。


北端の淡路I.C.から高速に乗り明石海峡大橋を渡って山陽道、新名神経由で

ちょうど17時ころ明るい内に帰宅できました。

2日めの走行距離約400km。2日でだいたい800kmですかね。ちょうど良い走行距離でした。

しかし、寒いのと路面状況を我慢しましたら真冬のツーリングもよろしいですよ。

どこ走っても空いてますし、観光地もあんまり人おらんように思います。

今年最後のロングツーリングでしたが今シーズンはバイクでようけ遊びました。

GW開けの東北。夏休みの北海道、今回の四国と。

来年もバイクに乗って色々行きたいと思っております。


◆真冬の四国ツーリング その1◆
なぜか知りませんが急に遠くの知らない町を走りたくなりまして、

ちょーど2年前に行った四国まで1泊ソロツーリングに行って来ました。


大阪南港からオレンジフェリーで愛媛県の東予港まで。フェリーは2回めですが

相部屋がイヤなので少しだけ贅沢してDXシングルにしておきましたが

これが正解。北海道に行く船よりだいぶ良いようです。TVまで見れましたし


普通にビジネスホテルに宿泊した気分でした。ゆっくり眠れました

レストランで天ぷらそばを食べたんですがこれも大変美味でした。


何がってエビさんの天ぷらは揚げたてでした

もうひとつ何が良いって22時出港やったんですけど20時から乗船できますねん。

出港前から船でくつろがせていただきました。


◆明石海峡大橋の下をくぐります◆

翌朝6時着。いよいよ出発します。


ツーリングバッグの水筒。何が入ってるって焼酎満タンにしてきました(笑)

バイクは2台ほど見ましたがほとんど乗っていませんでした。

下船しましたらまだ真っ暗です。なるべく高速は使用しない予定ですが

とりあえずいよ小松I.C.から松山自動車道で内子五十崎I.C.まで約67km。寒かった~

R197R320R441などで四万十川沿いを南下。

天気は曇り程度でそんなに悪くなかったのですが、夜に雨が降ったのか

路面が結構濡れておりましてペースを上げれないのとバイクがドロドロに

途中大きな沈下橋が壊れており、工事中でした。なんぼほど雨が降ったのでしょうか。


沈下橋流れてしまったら意味がないですよね(笑)ただの補修工事なのでしょうか。

さて。今回の旅の目的なのですが、

①沈下橋の上でW1の写真を撮りたい(笑)

②足摺岬灯台に行きたい。

③須崎市名物の鍋焼きラーメンを食べたい。

④四万十川の天然うなぎを食してみたい。

と、この4点がメインでございます(笑)

ちょうど良い感じの沈下橋発見



こういうところにまでインバウンドの皆様だらけやったらどうしよかと思いましたが

平日の早めの時間やったからか全然だいじょうぶで思っきり写真撮影会を開けました(笑)

助かりましたわー。また写真をパネルにせんとあきませんな。

ただ遠景の写真は撮れませんでしたので残念です。

そうこうしましたら調べておいた天然うなぎを食べれる『四万十屋』さんに到着



もうメニューは決定しておりましたので気合を入れて注文


嫁さんにバレたら怒られます(笑)アホやと笑ってくださいww

せっかく来ましたし、2度と食べれませんからねー


◆デーンッ


まっ茶々のテッカテカのタレのうなぎじゃないのでおいしそう。

さすがに貧乏人ですのでゆっくり噛みしめながらいただきましたよ。

店主はあんまりよくわかりませんが、身は固めでプリプリでした。お箸では切れない感じ。

それと少し生臭かったような。こんなものでしょうか。なんか騙されてる気がせんでもない(笑)

注文して案外早く提供されたのも気にいらんなー。

お高いねんから注文してから焼いて欲しいですわな。待ちますやん(笑)

これは文句ではありません。美味しかったですよー。

素人はこんな高いのん食べても味わからんから疑心暗鬼になりますな(笑)

でもまたこちら方面に来たら食べてしまいそう。

次に目指すは足摺岬灯台。天気も快晴になってきました。良かった。




あとは鍋焼きラーメンを食べるのみ。でも調べた人気店が水曜休みみたいであきらめ。

見た目のビジュアルから判断してどこで食ってもおんなじちゃうかなーっと思い

須崎市の『道の駅かわうその里すさき』の『レストランとれた亭』にていただきました。



竹輪とねぎ、生卵、麺の下に地鶏かとおもうコリコリの鶏肉が入っておりました。

地味な見た目ですけど和風のおいしいラーメンでした。麺もスープもおいしかったなぁ。

鍋焼きうどんのラーメン版と思っていただいて大丈夫やと思います(笑)

海沿いを通って定番の桂浜まで。別に行きたくなかったんですけど

日記ネタとしては行っておくべきかと(笑)


◆お約束の坂本龍馬像◆


◆これまたお約束の桂浜 インスタ映え写真を自撮りしている女子がおられますな(笑)◆

さっさと撤収して本日のお宿を目指します。朝メシ付きです(笑)


◆サウスブリーズホテル◆

大浴場に浸かって早速近所の居酒屋で一杯。



ほかにも何品か食べましたがなぜか鶏ばっかり頼んでしまった。

お酒はうっすいうっすい緑茶ハイといいちこロックで終了~。

やっぱり人手不足なんか料理が出てくるのがやたら遅くて切れそうでした(笑)

夜は21時半ころには寝てしまいました。

本日の走行距離約410㌔。南国土佐はやっぱり暖かかったです(。・ω・)ノ゙

2日めに続く~~。


◆業務連絡◆
いつもお世話になります。急な告知となりますが業務連絡です。

明日、12/4(水)と12/5(木)は連休とさせていただきます。

12/6(金)から通常通り営業させていただきます。

よろしくお願いいたします。


ちょっと2年前の四国、リベンジしてきます(笑)

なんの予定もありませんが。しいて言えば須崎市の『鍋焼きラーメン』


◆内圧コントロールバルブ◆
いやー、もう12月に突入してしまいました。早いですなー

昨日の夜はお店の前の道路の舗装工事の騒音で寝不足です。



作業の皆様、ご苦労さまです。

今朝は何時ころからかわかりませんが結構な雨も降っておりました。

雨が降り出すまでに作業は完了されたのでしょうか。

おかげさんで店の前の道路の凸凹もきれいになりました。



そうしますと4ヶ月前に道路の凹んだ箇所を修理してくれたのは何だったのでしょうか。

陳情はしましたが今回舗装やり直してくれるんでしたら待つのも平気でしたのに(笑)

税金の無駄遣いですわなー。


さて表題の件。

内圧コントロールバルブっていうのが話題になって久しいですが、

宝の持ち腐れかも知れませんが店主のW1にも奢ってみようかと。

完全に急な思いつきです(笑)

ご存知ない方は各自ググってみてください。上手に説明ようしません(笑)

元々W1のクランクケースブローバイガスは直接大気に開放されております。

昭和40年代の古いオートバイですので車検も通ります。

そこにワンウェイのバルブをつけると色々と良いことがあるようです。

一番体感できそうなのはエンジンブレーキの効きがマイルドになるようです。

しかし市販されているバルブはえらい高価なようで手が出ませんがKTMの純正パーツで

バックプレッシャーバルブという部品が比較的安価で販売されておるようでそれを使用します。


使用していると結構内部が汚れて作動不良になりクランクケースの圧が上がってしまうらしく

要点検清掃のようですので組み付ける前に内部の構造チェック。


◆なんという単純な構造。ほんまにただのワンウェイバルブですね◆


ブリーザーホースの切断して間に挟み込んで終了。エアーの流れる向きだけ気を付けてね。


早速夕べ閉店後に試運転(笑)

んー、言われてみたらエンジンブレーキの効きが悪くなってるんかなー。。。っという程度

通常のオートバイではブローバイガスはエアークリーナーケースに戻していますので

走行中ってやっぱりケース内部は負圧になっていると思うのです。

ブローバイガスを引っ張り出すって力が働きますよね。

W1は内圧でガスを押し出す力しか働かないからあんまり効かないのでしょうか。

まぁなんでも体感してみませんとね。勉強勉強(笑)

もうちょい走り込んで違いをみつけてみたいと思います。

、五感の鈍い店主に体感できるであろうか。謎です。


◆休日の過ごし方◆
先日の定休日は奥様もお休みでしたので走りに行くことも出来ずなんの予定も立てずじまい

結局食べたいもの別に浮かばずで紅葉でも探して北摂の山々をドライブ。

出てくるのも遅めやったんですぐにお昼時でお腹が空いてきた(笑)

そういやるり渓にでっかい丼でうどんを出してくれるお店があったなぁと思い出しうどんに決定


山桜桃庵と書いてゆすら庵と読むみたい。

和食のお店みたいで結構メニューも豊富で美味しそう。

温泉のお客さんなのか結構流行っておりますがお客さんはほぼジジィ&ババァ(笑)

なんか知らんけど夫婦連れが多かった。



◆オッサンは天ぷらうどんと焼鯖柴漬け棒鮨3貫◆


◆オバハンは日替わり定食 鰤、蕪、がんもどき等々◆

ちゃんとしたお料理でなかなか美味しかったけど若干お高めです。

食後も紅葉を探してドライブ。なぜか篭坊温泉に脚が向いてしまいます~。


◆篭坊温泉は秋と言うより、もう冬の装い◆


三田後川上線を南下してウロウロしておりますと遠くに立派な真っ黄色の銀杏の木発見

細い細い畦道をビビりながら抜けて見に行ってしまいました。


三田市小野にある曹洞宗聖徳寺。大変立派なお寺さんです。

車で駐車場に入ったところでたまたま住職さん登場

写真撮らせてください~と断りましたら後で本堂にどうぞと。

アチャーえらいもんに捕まってしもたーっと思ったんですが

住職の話がなかなかおもしろい。ご自身の生い立ちやら料理人やったのに

辞めてお坊さんになった経緯とか。5歳年上のお若い住職さんです。

30分くらい話聞かせてもらったんとちゃうかなー。良いお話、ありがとうございました。

まったく宗教とか興味ありませんがこういう出会いはいいですね。


写真撮りまくり(笑)また寄させてもらおうと思います。

道中人が多いところに行かんでも十分きれいな紅葉を楽しませていただきました。

なかなか楽しい一日でした

ちなみにお寺の倉庫にこんなでっかいスズメバチの巣が~~


要駆除