アクセスカウンター



カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

motophenix1993

Author:motophenix1993
ニックネーム モトフェニ店主
性別 ♂
年齢 満54才
都道府県 大阪府茨木市
誕生日 1965/08/03
職業 オートバイ販売・修理
趣味 ドライブ



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別アーカイブ



アクセス解析



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



◆W1-Sキャブレターセッティング変更◆
今日はもう12月やというのにやたらあったかかったですねぃ。


◆17:07撮影◆

連日西の空もきれいです

昨日は開店時にお店のPCオン

開店準備完了してテーブルに戻って来ましたらパソコンが動いてない。。。


この画面で固まって動いてませんねん。クルクル回るのもない。青い模様だけの画面

焦りましたよ。年末にバックアップ取るつもりでしたので長いこと取っていません。

お客さんが自賠責加入に来ても対応できませんし

夕べ閉店までは普通に動いてましたのに全く訳がわかりませんわ

さてどうしたものか。。。USBメモリーから起動してwin10修復しようとしましたが

ブートの仕方がわからへん(笑)ノートPC持ってきてネットで色々検索。

色々試してみましたがあきません。しょうがないので出張PC修理に電話しましたが

すぐ来てくれへんらしい。明日の夕方になるとのこと。

もういらんことして壊してまいそうやし諦めムードやったんですけど

検索してたら周辺機器を外してみなさいとも書いてありましたが

『そんなんで直ったら世話ないわー』とは思いながらもPCに何本か挿してある

USBの配線を全部抜いてみましたらなんと起動しよりましたΣ(・ω・ノ)ノ

とりあえず助かりましたわー(笑)配線戻しても別に調子悪いわけでもなく。

で、本日。朝一また起動しませんでした

またUSBの配線全部抜いたら起動。シャットダウンして一つずつ繋げてを繰り返し

原因を特定(。・ω・)ノ゙ まぁUSBの配線はプリンターとこれ↓


しかなかったんですけど、つい先日無線マウスの反応が悪かったのでアンテナを近くにある


↑のUSBハブに差し替えたんですよね。その組み合わせが悪かったみたい。

アンテナを差し替えて完了。とりあえず大丈夫のような気がする(笑)

明日の朝にちゃんと起動したらOK(。・ω・)ノ゙ あかんかったらこのUSBハブをキャンセルしてみます。


またまたセロー225Wを仕入れてあるので早く作業せんとあきませんねんけど、


ちょっと後回し。W1の始動性が悪いので手直ししてみます。

エアシャッターを閉めると掛かりが良くなるので薄いんだとは思うのですが

走行時は調子もいいしアイドリングなどもバッチリですのであまりセッティングは変更したくない。

とりあえず実油面をチェック。基本8mmくらいやったと思います。


左側キャブは10mmほどありましたので少し油面を上げます。


右側キャブは8mmでしたのでOK。

あとインナーパーツを社外品に交換していたのですが純正パーツに戻します。

いろんな種類のジェットがセットされているので便利なんですが

全体的に薄目になってるような気がします。


◆ニードルジェット 左純正、右社外品◆


◆M/J 左純正#220、右社外品#250◆

ジェットニードルも変更しておりましたが純正品に戻します。これで要試運転ですな。

コールドスタート時はしょうがないとしても、

ウオタニを入れる前の不調になる前は走行後、エンジンが暖まってるときはキック一発で

始動しておりましたので明らかに気に入らないのです。

それが現在は暖まっていてもキック一発のときもありますが、

ほぼ3~5回。それもエアシャッター閉めんと掛からんかったり

直ってくれてると良いのですが。


今年は大きなツーリングバッグを積んで長距離を走ることが多かったわけですが

店主のアドレスV125純正品流用、自作リヤキャリアでは不安やったのでございます。


しっかり装着できてる訳ではありませんので振動で負担が掛かり

グラブバーやリヤフェンダーがそのうち折れたりクラックが入るのではないかと不安でございました。

そうなるとパーツ入手が高価ですし困難ですからね。

そこでしっかりしたリヤキャリアをネットで色々物色したり、

業者さんにお願いしてワンオフで作ってもらおうかと思ったり。

でもかなり高額になってしまうようですので諦め。自分で作るにも道具がありませんしねー。

そこでW1クレージーズさんにメールで問い合わせてみましたら何日かしてお返事が。

ステンレス製でありましたでーっとなヽ(゚∀゚)/ワーィ助かったー

送ってきていただいたのがこれ。


W1って文字が若干こっ恥ずかしいですが(笑)造りもステンレスで美しく、しっかりできております

うれしがって早速装着





シートの取り外しもスムースですし、完璧でーす

大変良い品物ありがとうございましたm(_ _)m

◆業務連絡です◆

明日、12/10(火)は午前中、またまたちゅーと半端な11時から

赤十字病院にて3ヶ月毎の検査日です。午後14時くらいには開店できると

思いますのでよろしくお願いいたします。

その上、12/12(木)は店主唯一の忘年会のため17時前くらいには

早仕舞いさせていただきます。申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。


◆内圧コントロールバルブ◆
いやー、もう12月に突入してしまいました。早いですなー

昨日の夜はお店の前の道路の舗装工事の騒音で寝不足です。



作業の皆様、ご苦労さまです。

今朝は何時ころからかわかりませんが結構な雨も降っておりました。

雨が降り出すまでに作業は完了されたのでしょうか。

おかげさんで店の前の道路の凸凹もきれいになりました。



そうしますと4ヶ月前に道路の凹んだ箇所を修理してくれたのは何だったのでしょうか。

陳情はしましたが今回舗装やり直してくれるんでしたら待つのも平気でしたのに(笑)

税金の無駄遣いですわなー。


さて表題の件。

内圧コントロールバルブっていうのが話題になって久しいですが、

宝の持ち腐れかも知れませんが店主のW1にも奢ってみようかと。

完全に急な思いつきです(笑)

ご存知ない方は各自ググってみてください。上手に説明ようしません(笑)

元々W1のクランクケースブローバイガスは直接大気に開放されております。

昭和40年代の古いオートバイですので車検も通ります。

そこにワンウェイのバルブをつけると色々と良いことがあるようです。

一番体感できそうなのはエンジンブレーキの効きがマイルドになるようです。

しかし市販されているバルブはえらい高価なようで手が出ませんがKTMの純正パーツで

バックプレッシャーバルブという部品が比較的安価で販売されておるようでそれを使用します。


使用していると結構内部が汚れて作動不良になりクランクケースの圧が上がってしまうらしく

要点検清掃のようですので組み付ける前に内部の構造チェック。


◆なんという単純な構造。ほんまにただのワンウェイバルブですね◆


ブリーザーホースの切断して間に挟み込んで終了。エアーの流れる向きだけ気を付けてね。


早速夕べ閉店後に試運転(笑)

んー、言われてみたらエンジンブレーキの効きが悪くなってるんかなー。。。っという程度

通常のオートバイではブローバイガスはエアークリーナーケースに戻していますので

走行中ってやっぱりケース内部は負圧になっていると思うのです。

ブローバイガスを引っ張り出すって力が働きますよね。

W1は内圧でガスを押し出す力しか働かないからあんまり効かないのでしょうか。

まぁなんでも体感してみませんとね。勉強勉強(笑)

もうちょい走り込んで違いをみつけてみたいと思います。

、五感の鈍い店主に体感できるであろうか。謎です。


◆W1-S マスターシリンダー&ステアリングダンパーのグレードアップ◆
夕べのボクシングWBSSの決勝戦、すごい試合でしたね。

一時は井上がKOされそうでした。負けるかと思いましたわ。

勝ってよかったホンマ久しぶりに良い試合でした

めったに風邪などひかない店主ですが若干喉が痛いのであります。

熱など出ないように気をつけます( ̄^ ̄)ゞ


前々から交換したかったのですがフロントブレーキマスターシリンダーをグレードアップいたしました(笑)


◆ジャーン ラジポンでございます(笑)◆

さすがにブレンボとか高価過ぎてW1にはオーバークオリティですので

手頃な価格でシングルキャリパーに合うサイズのラジアルポンプマスターシリンダーを物色しておりましたら

CB400SSのマスター11mm→14mmのラジポン発見。造りも悪くなさそう。

どうも台湾のFRANDOというメーカーだそうです。

ブレーキのワッシャーガスケットとフルード以外はすべて揃っておりました。

W1に似合う似合わないはあるかもでしょうけど、納得の一品です。

これでより一層フロントブレーキがコントローラブルになること請け合いです(笑)

続きましてステアリングダンパー。相変わらず中速で手を放しますと若干ブレますねん。

走行時にて放すなって話ですねんけどねww

旧Wシリーズは純正でステアリングダンパーが装備されておりますがほぼ役に立ってません。

ダンパーで少しでもブレがマシにならないかとNHK製のカワサキZ用のODM500をチョイス。


取付けは若干不安でしたが案の定


既存の取付部を使用しますと右にハンドルを切りますと完全にエキパイに干渉して無理

カラーを併用して少し浮かすとなんとか使用できそうですが余裕がまったくないのと


◆エキパイとのクリアランスがギリギリ

左に据え切りしたときにハンドルストッパーが当たりません。フルストロークしてしまいます。


Zはもう少し近いところにステダンのステーが生えてますもんね。

この微妙な違いで大違いです。あんまり長いステダンは好みではありませんので

なんとか一番短くて地味なこいつを選んだのにー。

諦めかけましたがハンドルストッパーがしっかり働いていればステーにはそんなに力が掛からない

と思いますのでステーをボルト締め&念の為の鼻くそ溶接で作成。


なんとか良い感じに収まりました。


◆少し余りました


◆エキパイとの間にだいぶ余裕ができました

店主のW1とりあえずこれにて一件落着。やりたいこと全部やり終えました。

後はとにかく走り倒すだけです(笑)


CT110を飾っている台の照明も少し追加。

温かい色の電球で下からも照らしておきました。良い感じ。


もうひとネタ。

仕入れてきたレブル。シングルシート、座るとお尻が冷たい

水しみこんでおりますな。ビニールで防水してないんかと思い表皮を剥がしてみましたが

ビニールはちゃんと施工してあるみたい。

表皮にスポンジが入っていてミシンで縫ってあるので表皮のスポンジに水を含んでいました。


対策が難儀やなぁ。とりあえず天日干しで乾燥中。


昨日のツーリングの走行動画を載せておきます。

ただ走っているだけですのでおもしろくないかもですm(_ _)m



◆W1 エンジン組立て開始◆
暑過ぎて組立てる気がなかなかおきなかった店主のW1エンジン。

ちょっと手空きになったのと、もう休みに入りますのでやっと組む気になりました(笑)

ピストンに片側のサークリップ、ピストンリングを組み付けコンロッドに取り付ける準備です。

コンロッドにピストン装着(。・ω・)ノ゙


ピストンに下駄を履かせる木材を買い忘れましたがあるもので十分ですわ。

ピストン、リング、シリンダー全てにWPC加工を施工しておるからかシリンダーも簡単に挿入。


次はシリンダーヘッドを載せてしまいたいのですがヘッドもまだ組めていません(汗)


ステムシールもまだ使用できそうですが交換してしまいます。


バルブステムにもWPC加工済み(笑)



シリンダーヘッド組立て完了~~


エンジンに搭載完了。この状態でフレームに積みますがまた今度(笑)


もう台風、フェリーのスケジュールにまともにきそうですね。

店主すでにあきらめとります(笑)ですが一日ズラしてでも行く予定です

のでご迷惑おかけするかも知れませんがよろしくお願いいたしますm(_ _)m


ネットで調べて行きたい場所を見繕っておきました。それに合わせて綿密に予定をば。










北海道行くの初めてですし、距離感ございませんのでいつものツーリング感覚で予定立てました。

朝早くから走ったら500㌔は走れると思いますので余裕でしょう(笑)

こいつアホちゃうか思ったら教えてくださいww

問題は体力です(笑)しんどかったら予定変更いたします~。多分大丈夫やけど。


◆W1 カムシャフト摘出◆
本日はGPZ900Rの継続車検で寝屋川まで。


いつも朝一番が多いのですが珍しく午後の部のゆっくり目で。

もう夏ですな。


ニンジャの車検は無事に終了いたしましたが、

わたしとしたことが何故かホーンの確認をしておりませんで鳴らずでアウト

よくよく確認しましたら配線抜けておりました 


W1のエンジンもまだ発送できておりませんが、

もうええかと思ってましたカムシャフトもやっぱりWPC加工に出すことに。

もう2度とクランクケース割りたくないですもんね。やることやっとかんと(笑)



無事摘出完了。これで発送できます。

先日のオークションで落札しましたオートバイ2台を引き上げてまいりました。


1995年モデルのセロー225WとCT110ポスティモデル。

現状ではまぁまぁの仕入れというところでしょうか。

定休日明けから作業開始します。